加賀への旅  主計町編

「主計町」と書いて何て読むと思います?  答えは後ほど♪



金沢城を出てから、浅野川を目指して歩き出しました。
この橋の下が元外堀と考えられます。



10分も歩いたかなぁ、浅野川に到着。
素敵な橋が架かっていました。
橋のたもとには、この近くで泉 鏡花が住んでいたとの案内もありました。
浅野川


その浅野川縁に、主計町があります。
主計町



私は昼間の主計町しか知りませんが、夜もなかなかの雰囲気があるそうです。
主計町


細い路地の裏にもお茶屋さんが並んで建っていて、とても情緒があります。
この路地を突き当たると「あかり坂」がありました。



八巻
あかり坂



路地をもう少し奥に入ってみると今度は「暗かり坂」がありました。

暗かり坂
二年程まえに友人にここ主計町を紹介され、金沢への興味が何倍にも膨れました。
それまでは「兼六園と香林坊周辺でショッピング」が金沢でのパターンでしたが

主計町やひがし茶屋街、とくにここ浅野川周辺の雰囲気がとても気に入りました。
皆さんもし金沢を訪れる際は、よろしかったらこの辺まで足をのばして
ご覧になってみて下さい。


暗かり坂を上がり、しばらく歩いてお堀沿いに
黒門前緑地がありました。
黒門前緑地
豪姫看板
利家公とお松様の四女 豪姫が晩年住んだ住居跡だそうです。
黒門前緑地脇


金沢は情緒ある素敵な場所がいっぱい、訪れる度に発見があります。
また違う季節に訪ねてみたいと思いました。

これで加賀への旅 主計町(かずえまち)編を終わります。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。