白銀は招く ように

リフトに乗ったらいきなり後ろから、「一緒にごめんよ」と見知らぬ老人が私の隣に割り込んできました。
リフトで話をすると地元の70代のおじいさんだそうです。シーズン券を購入し今期は20回ほど来ているそうです。
私も休みの日にはスキーに行きますが、なかなかそこまでの回数には届きません。
高速リフト
しょっちゅう来ていると仲間も出来るらしく、一つ前のリフトに乗ってるひとは富山県泊町(県境の町)のおじいさんで同じくシーズン券でほぼ毎日来ているそうです。老人パワーは凄いなぁと思う反面、若い人はボードにいくし、スキーヤーはどんどん高年齢化して今後どうなるんだろうと心配になりました。
ゲレンデの様子
こんなに良い条件のスキー場がありながら人はまばら、しかもシーズン券のお客さんばかりではリフトを2台しか動かさないのも理解できます。前に行った白馬五竜や岩岳はものすごく沢山の人でとても賑わっていました。シーサイドは糸魚川市もバックアップして運営しているはずなのに、これでは宝の持ち腐れ、晴天とは裏腹にスキー場の未来を考えさせられました。
みはらし荘(食堂
無人のゲレンデ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です