ボッチャランプ 『Scopoスコーポ』

一般社団法人 ヨコハマ・インクルボッチャ・ラボ 様と連携協力させていただき
サポートされる方が扱いやすいように
セッティング、持ち運びを考え軽量化にこだわって製作しました。
スタンド脚も含めて全重量約3kgです!

ボッチャランプ「Scopoスコーポ」

スタンド脚付・収納ケース付 ¥42680(税込)/¥38800(税別)
(スロープ部・木製/スタンド脚部・鉄製)

詳しくは、カタログをご覧ください

カタログ
クリック・タップするとPDFでご覧いただけます。

ご注文は BASE から

link2base

 
****************

「わくわくさん日吉の扉」の子供さん達から「ありがとう!」のメッセージが届きました

Scopoスコーポを使って下さっている神奈川県日吉にあるNPO法人わくわくさん日吉の扉さんからの気持ちのこもったスプレーアートです。

スプレーアートで台紙を作り、その上に「ありがとう」を子供さん達が一生懸命書いてくれました!
白嶺分校では今日は今年になって初日の作業の授業があったため、わくわくさんから送って下さったみんなの写真が載っているこのスプレーアートを持参して駆けつけました。
スプレーアートの写真を見て
白嶺分校の生徒さん達も大いに励みとなりました。
わくわくさん日吉の扉のみなさん、ありがとうございます!
これからも頑張ります!

今日のお礼の気持ちをお返ししたくて並んで撮りました。
****************

Scopoスコーポは地元の特別支援学校の生徒さんと共に製作しています


授業の中の作業の時間で生徒さんたちはペーパーがけなどの仕事を担っています。

先生の指導のもと、集中して作業にあたります。

とても丁寧なペーパーがけ。使われる方の事を第一に考えて一生懸命です。

多くの方々にスコーポを使ってボッチャを楽しんでいただきたい! その思いで私たちはがんばっています。

****************

横浜市南区にあるトミーズカフェにて一般社団法人ヨコハマ・インクルボッチャ・ラボ設立記念イベントが開催されました

代表の佐塚先生、岩村さんからボッチャのルール説明から始まり参加者全員でボッチャを楽しみました。

このページ下段に載っている「横浜から始まるバリアフリーの輪」に出られている小春ちゃんご家族ともお会いすることが出来ました。


小春ちゃんは時に選手、時には審判員と大活躍です。
明るくて元気な小春ちゃん、率先してみんなを引っ張ってくれました!

沢山の方々の参加で大いに盛り上がりました。
今後も、ボッチャで多くの方々が楽しんで交流を深めていただけたらと思いました。


****************

****************
ボッチャランプ ScopoスコーポはSDGsに取り組み始めています。
Scopoスコーポは新潟県糸魚川市で製作されています。
糸魚川の山林から地元産「越後杉」の成長を妨げるとされ「朴(ホウ)の木の間伐」が行われています。
{朴(ホウ)の木は 漆塗りのお椀の木地などに使われます}

糸魚川産の「朴(ホウ)の木」には特長があり、芯に近い真ん中の部分が緑色しています、とても珍しいです。
この「緑色朴(ホウ)の木」を糸魚川の石ヒスイ(英語=ジェイド)色にちなんで
「ジェイドマグノリア」(ヒスイの朴ノ木)と名前が付けられました。
間伐で出たこの「ジェイドマグノリア」の「白太」(丸太を輪切りした時の外側の白っぽい部分)
を使ってScopoスコーポのスロープ部(木部)の試作を始めています。
「ジェイドマグノリア」は緑色の部分が主で、白太が活用されていませんでしたが
Scopoスコーポとして活用されていきます。
白太と緑色の混ざったグラデーションのような色の部分も出ますが
このような丸太から木取りしていますので木色の特徴としてご了承ください。


Scopoスコーポ製作にあたり、新潟県立高田特別支援学校糸魚川白嶺分校の生徒さんたちが
製作工程の一部に携わって下さっています。

*******************

2021年9月11日 「第6回関東さわやかボッチャ大会」 の様子です

神奈川県立スポーツセンタースポーツアリーナ1(藤沢市)
 スコーポの公式戦デビューご使用者第一号は、ねねちゃんです!

 表彰式の様子

 ねねちゃんもメダルを獲得しました!

 ねねちゃんご家族と記念の一枚

ボッチャ(BOCCIA)とは

ヨーロッパで生まれたボッチャは、重度脳性麻痺の方、もしくは同程度の四肢重度機能障がいの方のために考えられたスポーツで、パラリンピック正式種目です。
ジャックボール(的となる白いボール)に赤・青それぞれ6玉ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。
障がいによりボールを投げることができなくても、ボッチャランプ(勾配具)を使い、自分の意思を競技アシスタントに伝えて参加できます。
この競技は、老若男女、障がいの有無にかかわらず、すべてのひとが一緒に、そして競い合えるスポーツです。

詳しくは、日本ボッチャ協会のサイトで
https://japan-boccia.com/
東京2020パラリンピックの競技紹介はこちら
https://olympics.com/tokyo-2020/ja/paralympics/sports/boccia/
NHK 東京2020パラリンピック 競技紹介(動画等へのリンクも)はこちら
https://sports.nhk.or.jp/paralympic/sports/boccia/

横浜市経済局後援「ザ・チャレンジ-ヨコハマ The challenge-YOKOHAMA」・「2020ジャパンバリアフリープロジェクト」映像作品ページのご紹介
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/other/thechallengeyokohama.html