キャスパーチェアって“どんな座り心地”なの?

「もたれる」から「のせる」へ

「もたれる」から「のせる」にしてみたら「不思議! ゆったりして気持ちいい!」。

&CasaはNPO法人『生活を豊かにする』障害児・者支援福祉協会「ポップンクラブ」と起立木工が共同開発したキャスパーチェアを取り扱っています。

肢体不自由の方々の椅子をフルオーダーで制作し続ける事により生まれた理論を応用して作られたキャスパーチェアは、背もたれに胸郭を『のせる』イスです。背中をイスに『もたれる』従来の座り方とは全く違う理論で設計されています。長く座ってみると、頭部から首筋にかけて軸のようなものを感じるようになります。これは、筋力で支えているのではなく、骨格を無理なく整え安定させることで生まれる感覚。その結果、不要な力が抜けてこれまでにない「リラックス」感を得られます。キャスパーチェアは今までにない座り心地で皆様の生活をサポートいたします。

腰痛でお悩みの方へ

椅子に腰掛けたときに背中が湾曲してしまうと、腰椎に大きな負荷がかかります。キャスパーチェアは普通に腰掛けるだけで、腰への負担が少ない「正しい」姿勢を無理なくとれるよう設計されいます。立ってもつらい、座ってもつらい、そんな腰痛にお悩みの方に最適な椅子です。

キャスパーチェアは、和室でのご使用に適した座面高10cm、ゆったりおくつろぎいただける32cm、ダイニング用の40cmがございます。詳しくは商品規格のページをご覧ください。

この商品はオンラインストアでも販売しております。ストアへ行く