和タンスを差し上げてきました

桐タンスの産地 加茂の茂野タンスさまから
ご好意で頂きました和タンスを
火災に遭われ仮住居にお住まいのお宅に差し上げてきました。

火災に遭われた皆様、それぞれの家族構成などにより
市の判断でアパートであったり、一軒家であったりと
皆様の仮の住環境は違われています。

アパートに仮住居の方々は部屋が狭いからタンスは….と遠慮されます。
確かに物を置くと居住スペースが狭くなってしまいます。

今日差し上げた被災者の方の仮住居は一軒家のため部屋数もあり
物置に使うのにちょうど良い部屋がありました。

収納するタンスが無く、お使いになりたいとの事で
和タンスを差し上げました。

お話を伺うと、一年か二年くらいは仮住まいになりそう…と。

早くもとの場所でお暮らしになれる事を祈るばかりです。