Boccia Lamp SCOPO

障がい者の手で、障がい者のために作っているボッチャランプです。

Scopoスコーポは、新潟県立高田特別支援学校
糸魚川白嶺分校と協業で製作しています

照準が合わせやすく、より精度の高い投球ができる仕様になりました。
軽量でコンパクトなので持ち運びも楽で、試合に集中できる配慮をしています。

ボッチャ(BOCCIA)とは

ヨーロッパで生まれたボッチャは、重度脳性麻痺の方、もしくは同程度の四肢重度機能障がいの方のために考えられたスポーツで、パラリンピック正式種目です。
ジャックボール(的となる白いボール)に赤・青それぞれ6玉ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

障がいによりボールを投げることができなくても、ボッチャランプ(勾配具)を使い、自分の意思を競技アシスタントに伝えて参加できます。
この競技は、老若男女、障がいの有無にかかわらず、すべてのひとが一緒に、そして競い合えるスポーツです。

ボッチャ関連の記事
ページトップへ
家具の製作のご依頼やご購入に関するお問い合わせはこちら
  • Amaca+ (アマカ・プラス)
  • HAMADO 濱藤
  • ボッチャランプSCOPO
  • インテリア家具の選定・販売
  • 家具の修理サービス
  • インテリア家具の企画・提案