キャスパーアプローチ中級講習会に参加しました

4月7日と8日の二日間、ポップンクラブで
キャスパーアプローチ中級講習会に参加しました。




首都圏の方ばかりでなく、なんと九州鹿児島、福岡からも参加され
とても熱気に包まれた二日間となりました。

二日間で3名の障がいをお持ちの方がデモモデルとしてお出で頂き
それぞれの症例にあったキャスパーアプローチで村上さんが誘導し、
半信半疑だったお3人とものご家族の方々
驚きと笑顔で最後はお帰りになられました。

(採型中の村上さん)

1人目のお子様は首が座らず、寝かせているときは良いのですが
前に出していくと倒れ、そのまま自分では首を起こせません。
左右の手は左が得意で、今までは引き込んでから手を前に出して
いたのですが、キャスパーで誘導し環境を整えてあげると
引き込まず、すっと手を前にだしゲームのスイッチを押して
遊べるようになりました。

お母様もこの変化に驚かれ、ご一緒にいらしたおばあちゃまの
喜ばれた笑顔がとても印象にのこりました。
このキャスパーの環境で子供さんご自身が学習し、
「自分でもできるんだ!」と
さらに可動範囲が広がっていくのを期待したいと思いました。


(採型後の村上さんの説明の様子)


もう一つのケースのお子様、小学校2年生。抱っこさせていただきましたが
2,3歳くらいにしか感じません。

おねえちゃん、抱っこされてゆらゆら揺らされるのが好きとのこと
みんなで抱っこさせてもらい、緊張の変化を
観察させてもらいました。

吸引器で何度か吸引しながら臥位でリラックス
採型するときお母様が抱っこすると
とても無邪気に笑われて、お母様もびっくり!
よほど楽になたのでしょう。


アシスト社SELLECT


この写真はバギー
採型後これに揺られて、お子さんとてもリラックス、お母様も興味深々。
ロッキングチェアになったり雪上のそりになったり
公園のブランコにも取り付けが可能なもの。
(アシスト社のSELLECTという商品です、今後当店でも扱っていきます)
遊びの種類も増えてご家族でのお出かけも増えるかも!
一緒に来られたお父様の驚きの表情が印象に残りました。