指にちっちゃなトゲが刺さっていても…

「指にほんの小さなトゲが刺さっていても、私たちは気になって、痛くて抜こうとします。ハンディを背負っている皆さんをいつもこの状態と例えたら、彼らの苦痛を少しでも理解出来るでしょうか…」 「その状態が当たり前じゃないんです、キャスパーアプローチで環境を変えてあげる事で苦痛から解放され、彼らに笑顔が生まれるんです!」 講座での村上さんのお話しです。 言葉で苦痛を周りの人に伝える事が出来ない彼らの笑顔こそが、村上さんの目指したもの、それがキャスパーアプローチ。 健常者である私たちはキャスパーチェアでそれを体感できます。 ”肢体不自由な方々から授かった宝物” 決しておおげさな表現ではありませんよね。 この事をより多くの人に知ってもらい、キャスパーチェアを体感してもらい 肢体不自由な方々へおかえしができたなら… 小さな恩返しですが、一歩一歩… 心に誓いました。
posted BY interior KONDO
ページトップへ
家具の製作のご依頼やご購入に関するお問い合わせはこちら
  • Amaca+ (アマカ・プラス)
  • HAMADO 濱藤
  • ボッチャランプSCOPO
  • インテリア家具の選定・販売
  • 家具の修理サービス
  • インテリア家具の企画・提案