20年間の試行錯誤の末に

「3歩進んで2,8歩さがる」村上さんがおっしゃった印象に残る言葉です。何千人という肢体不自由な方々を真っ正面から受けとめ、様々なケースがあるなかに方則を見つけ出し、出来上がったのがキャスパーアプローチ。 写真はグループに分かれて、肩からお尻まで絞めたり緩めたり出来る椅子に座って、それぞれが一番気持ちよく座れるポジションを探りました。 そのポジションこそがキャスパーアプローチのポジションなのです。
posted BY interior KONDO
ページトップへ
家具の製作のご依頼やご購入に関するお問い合わせはこちら
  • Amaca+ (アマカ・プラス)
  • HAMADO 濱藤
  • ボッチャランプSCOPO
  • インテリア家具の選定・販売
  • 家具の修理サービス
  • インテリア家具の企画・提案