OUR STORY わたしたちの物語

『HAMADO 濱藤』=濱口の「濱」と近藤の「藤」から一文字ずつとって名付けました。

濱口氏との出会い

私の小学校時代の恩師のお墓参りをさせて頂いた後、帰り際恩師の留守であるはずのお宅の前を何気なく見ると見慣れない車が停まっていました。

恩師のお宅まで車を引返し、訪ねてみるとお二人の女性がいらっしゃいました。

名前を名乗り、お二人の素性をお聞きすると恩師の娘さん姉妹でいらっしゃいました。

雪深い生家ではお母様(恩師の奥様)の介護を看るのに大変であるということで、
糸魚川市内の比較的降雪量の少ない所に家を求め普段はそちらで生活されていて、その日は生家に風を通すためにいらしていたとの事。

この偶然の出会いから物語は始まりました。

濱口和博氏は恩師のお嬢様のお婿さんでいらして伊勢神宮で有名な伊勢市のご出身。

高校卒業後上京され、東京で恩師のお嬢様と知り合いご結婚され
その後千葉県にて30年間建築事務所を経営なさっていました。
その後高齢のお義母様の介護の為に千葉の事務所を引き払い糸魚川へおいでになったのでした。

濱口氏との出会いは、亡くなられた恩師が引き合わせてくださったとてもありがたいご縁となりました。

奥様と知り合ってから8か月の間、濱口氏宅を訪ねても氏とお会いすることが無く
氏は全国にお仕事の物件をお持ちで、青森県などは毎月のように出張されていて、なかなかタイミングが合わずにいたのでした。

しかし、何故か
私がこのHAMADO濱藤を作りたいと助言を求めてお訪ねした時、初めてお会いすることが出来ました。

その時からHAMADO濱藤誕生物語は始まりました。

無色透明で木との相性が良いものは何か…

濱口氏を偲ぶ会

昨年お亡くなりになられた濱口氏の一周忌にあたる偲ぶ会が5月12日に執り行われました。

奥様のご意向で、形式にとらわれない和やかであたたかな偲ぶ会になりました。

氏の故郷伊勢市からは甥っ子さんがお出でになり、場を盛り上げて下さいました。
氏と一緒に皆さんで召し上がってと、伊勢志摩サミットで各国トップが集まったテーブルに出された「作(ざく)」という日本酒を持参下さいました。

作という名前から、氏に気持ちを込めて「作れ!」とハッパをかけられているような気がしました。

 

2年前の2016年5月にバーベキューをした時の写真です。

懐かしい写真
今にも氏の笑い声が聞こえて来そうです。

本当に穏やかな偲ぶ会となりました。
奥様と妹さんの美味しい手料理と最高の日本酒
和やかであたたかな演出で
濱口氏も喜んで下さったのでは…

師の恩に報いる為にも 改めて頑張らねば と
心に誓いました。

posted BY interior KONDO
ページトップへ
家具の製作のご依頼やご購入に関するお問い合わせはこちら
  • Amaca+ (アマカ・プラス)
  • HAMADO 濱藤
  • ボッチャランプSCOPO
  • インテリア家具の選定・販売
  • 家具の修理サービス
  • インテリア家具の企画・提案