ひすいの里 スマイルコンサート

糸魚川に戻ってからは
糸魚川小学校に併設されている
新潟県立高田特別支援学校糸魚川「ひすいの里分校」にて
7月からお手伝いさせていただいています。








7月14日には糸魚川小学校とひすいの里分校の
校舎体育館、解体前最後の
「ひすい里分校スマイルコンサート」が催されました。





解体前の体育館でお別れの学芸発表会です。











私がお手伝いさせていただいている
ひだまり・そよかぜクラスは
車いすに乗っている子供たち。
先生と一緒にハンドベルを鳴らしたり
音楽にあわせて
お別れとなる校舎の思い出を
発表しました。

(発表している最中はお手伝いしていたため
その発表の様子を写真に収める事が出来ず
お伝えできないこと残念です...
当日の開始前、早朝の写真でお許し下さい。)




ひだまり・そよかぜクラスをはじめとする
支援学校の教室は元々糸魚川小学校の教室でした。
糸魚川に住む障がい者のお子さんを持つ親御さんたちが
高田から糸魚川へ分校を引っ張って来た事によって
こちらで勉強出来るようになったそうです。


そしてこの ひだまり・そよかぜの教室は
私が38年前「3年1組礒野学級」として学んだ懐かしい教室でした。



本当に不思議な縁を感じました。
校舎が解体される直前に
糸魚川小学校の3年生の時の思い出の教室で
子ども達と一緒に時間を過ごすなんて...







スマイルコンサート当日、少し早く登校してしまったので
早朝のまだ子ども達が登校していない教室で
しばらく小3時代の思い出にふけっていました。